待望の革。

マエストロのリペア依頼で一番多いのはやはり革巻きです。

最近いろいろと試していることがあり、そのうちの一つに今回ご紹介する革があります。

 

かなり多くのお客様から問い合わせがある、イタリア製豚革、SE#01ですが
入荷未定のまま2年くらい入荷していません・・・。

(ちなみにSE#02は本数は少ないですが入荷しています。おそらく最後の入荷となりますので欲しい方はお早めに・・・。)

 

 

この豚革はジナやマックウォーター、チュディなどで採用されている革に非常に近いものです。
ほかにもグッ○などでも使われいる革そのものなんです。

質がよく、国内の豚革とは比べ物になりません。
ただ、バッグや財布などで使う分には高級感もありとても素晴らしい革なのです。

 

・・・が、ビリヤードのグリップとして使うにはかなり好みが分かれる革なんですね。
使う人の手汗の状態や握り方等、プレイヤーによって千差万別です。

手汗をかく方はこの豚革はよく滑るといいます。

「最初はいいんだけど、使っているとヌルヌルになってきて気持ち悪い」とか。
滑るから新品の状態でもはがして違う革を巻いてくれという依頼も結構多いです。
なんともったいない事でしょう

・・・とは思いますが、プレイヤーである限り
使いづらいのではしかたありません。
 
でも、「見た目はいいんだよなー」とよく皆さま言われます。
 
で、革も入荷がいつになるかわからないので見た目はそのまま、手汗かいても滑らない革を作ったらどうだろうか?
と、いうことになり・・・。

今回マエストロオリジナルとして作ってみることにしました(^^)


 
どっちがどっちかわかりますか?
残念、僕もこの画像だけみせられてもわかりません。(笑)
 

正解は左が今回作った革、右がイタリア製豚革です。
イタリア製豚革より今回作った革のほうがきれいに見えますね。
毛穴の感じとか、最高にいいです。

現在も使用感、耐久性のテスト中なのですが、豚革特有のヌルヌル感や固い感じもなくとてもいい感触です。

それもそのはず、この革は豚ではないんです。

厳選されたとても質のよい牛革を実際に見て選び、それをベースに型押し加工して使用しています。
革屋さんの協力もありイタリア製豚革よりお安く提供できる運びになりました。

きっかけはプロショップ:ERスポーツの重田(しげた)さん。

重田さんとはERスポーツに勤務する前からのおつきあいなのですが
黒い豚革を巻きたいと、ご依頼があり。

入手できませんと、お断りしましたが、似たような革でもいいとの事でしたので
企画段階だったのですが、今回の革を先行販売&テストしていただく事になったのです。

と、いうわけで今すぐこの革を見たいという方はmaestro,ERスポーツの重田さん(千葉)のところに行けばこの革をみれます。
使用感等の意見も聞かせていただけると思いますのでお近くの方は是非。
あ、ご予約してくださいね。(特にERスポーツに行かれる方。重田さんがいらっしゃらない or キューを持っていらっしゃらないこともあると思いますので・・)

今回の正式版販売に伴いニューアートさんにもサンプルの準備を進めていますので、近々見て触れるようになると思います。

当HPでも近々ラインナップに加わりますのでよろしくお願いします。